酵素の力  発酵の力 
農業革命 

農業革命~開発した人のプロフィール



はじめまして、 株式会社 会友 の代表を務めております



鮎川つかさ と申します!

農業革命のページに来ていただきまして

誠にありがとうごさいます!

また、開発した人のプロフィールにも来ていただき


ありがとうございます!




どんな 人間 がやっているんだ ?

信用できるのか ?  大丈夫なのか ?

と思われると思いますので、

自己紹介と言うか、 鮎川つかさ  歴史 を紹介させて下さい!


ハッキリ言って長いですので、興味の無い人

戻って頂いてOKです

↓↓↓↓↓
■やっぱり戻る!!■
虫を避けたい! 天然植物酵素液 へ    
病気を予防したい ! 好熱菌発酵濃縮物 へ




鮎川つかさ歴史

■ 幼児期

下北沢の北沢病院にて産声を上げこの世に生を受ける。


東京都杉並区永福町にて幼児期を過ごし、

当時はまだ畑がたくさんあり、

家の前の畑に居る近所の農家のおばーちゃんを捉まえて

植物図鑑のウンチクを言いながら、


野菜とか植物の育て方を、おばーちゃんより学ぶ







■ 幼少期

小学生になり、

ベランダで鉢を用いて植物を自分で育てる様になり

最初は球根植物を中心に育て初め、


道端で生えているネジバナの栽培に失敗、


洋ランに挑戦するも撃沈、だんだんと蘭科植物にはまっていく。



多分に漏れず、ゲーム (ファミコン全盛期) や 漫画 にはまる幼少期でしたが、

植物を育てる事は生活の一部となっていき、


そして中学2生の時に、ネジバナの栽培に成功、


また、蘭科植物の栽培の情熱に大きな火が付く。



■ 青年期

高校生の時に、東京山草会のランゆり部会に参加!

東京山草会 ←まず出逢えない植物に出逢えます!

https://sansoukai.com/


南武線の国立市にある谷保駅に降りて、

国立山草園の永井さんの所へ入りびたり、


蘭栽培の何たるか!を学ぶ。



後に、松本洋ラン園の松本さんから

南米の極小蘭の魅力を教わり 高校2年生時代を終わる。


松本洋ラン園 ←マニアック 過ぎるのでご注意を”!

http://www.bekkoame.ne.jp/ha/ma-pleuro/

 
Restrepia bracupus 'Yellow'


3年目、それからの進学をどうするかと、あれこれ悩んだ挙句、

生き物 (魚や昆虫とかも含めて生き物は大好き!) は最後は


やっぱり遺伝子だろ ! と進学先を調べると、


東京医薬専門学校の生命工学技術科と言う所が、大学とは異なり、


無機化学、有機化学、生化学、分子生物学、遺伝子工学、植物工学、微生物学、

薬理学、実験動物学、機器分析など、かなり幅広く、また、


実験を通じて様々な技術習得や



ノウハウの深堀りも全般的に得られるとの事で

大学進学をやめ、この専門学校へ進学を決意。





■うわっやっぱ長いから、戻る!■!
虫を避けたい! 天然植物酵素液 へ    
病気を予防したい ! 好熱菌発酵濃縮物 へ



無事入学し、勉強と 楽しい実験漬け の日々を過ごし、


3年生の専門学校時代の最後の1年は、学年主任のなべ先生の密かな計らいで、


国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)へ研修生として派遣される。


当時の 遺伝子解析室・北村義浩先生 ※ のチームの一員となり、

ヒト内在性レトロウイルスを含むレトロウイルスのインテグレース

(遺伝子への組込みを引き起す酵素)に関する研究に従事、


主に酵素を用いたウイルス遺伝子の組換えを担当する。





※現在は・長野保健医療大学北村義浩特任教授 をされている様です。

※JOURNAL OF VIROLOGY, May 1996, p. 3302-3306
Human Endogenous Retrovirus K10 Encodes a Functional Integrase

YOSHIHIRO KITAMURA,1* TSUKASA AYUKAWA,1 TETSUYA ISHIKAWA,
1,2 TADAHITO KANDA,1 AND KUNITO YOSHIIKE1

https://jvi.asm.org/content/jvi/70/5/3302.full.pdf


■京成ばら園時代


専門学校での就職活動合同総会で、

なぜか 勝手  京成ばら園芸株式会社 への

就活受験  決定 しており、


とりあえず受験するも、


なぜか自分だけが合格、

結局、他の会社は落ち、

京成ばら園芸のガーデンセンターへ就職、

晴れて社会人 となる。





京成では、バラ売場担当となり、


半年後、バラ担当上司は移動、

右も左もわからない中、バラ担当の責任者となる。

(・・・この時、鈴木省三先生に色々とバラの事を教わる。)



バラ苗の管理に化学薬品を多用する為、

度々の体調不良を感じるも、


そう言うものだと思って従事、


もうだめだ と思った決定打は、


花首に頭を突っ込んでかじる、


タバコガの幼虫 が何を使っても 防除できず 

最後の手段でラン●ートを用いるも、


2割ほど生き残り 自身は寝込む 

これは流石に厳しいとうなだれる。



■もういいや、ここまで読んじゃったけど、戻る!笑■
虫を避けたい! 天然植物酵素液 へ    
病気を予防したい ! 好熱菌発酵濃縮物 へ





■起業と失敗。





ある28歳の時に、ロバートキヨサキ氏の金持ち父さん貧乏父さんを


読まなきゃダメと、専門学校時代の 可愛い女子後輩 から勧められ、


読破した後に 何を血迷ったか 、起業を決意!

自分でバラの生産をやれば農薬もコントロールできるのでは、


と淡い期待のもと、何もわからずに、


30歳の誕生日会社へ辞表提出


先に起業していた仲間と合流し、


生産を始めるが、結局、


資金繰り  窮地 し、仲間との仲たがい

も起こり 大失敗! 自分はそこから離れ一時的に 車中暮らし 




■助けられ再起。


そんな車中暮らしの中、


京成ばら園時代のお客さんから仕事を

手伝ってほしいと依頼され、


3年間は手伝いますが、起業を諦めていない旨を

伝え了承を頂く。

そしてそこで働き始める。


ある日とても有名なお客様に



「鮎川さん、バラに化学農薬使っているから上手く行かないのよ!」

と言う言葉を貰い、当たり前の


化学農薬を使う事に馴れていた自分

にハッと気づかされる


約束の3年を終わり、



化学物質にたよらない農業園芸 を目指すべく


農業資材及び園芸資材を製造販売する


株式会社 会友 2007年5月  設立  現在に至る。

以上 が、 鮎川つかさ歴 となります!





大変、長い話にお付き合い頂いき、

誠に、ありがとうございました。


さて、これからご紹介する新作は、


この鮎川つかさが開発して、完成させたものです。


農業革命 の為の



革命的資材  2種類 完成
!


ここから 新しい伝説を創めます !!!


追伸:ラン●ートで戦った対象には、まだ、歯が立ちません。。。泣。

↓↓↓↓↓↓

農業革命へ戻る!



copyright (c) 2020 KAIYU all rights reserved.